CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ベストパートナー ('97放送 / 出演 内村光良、坂井真紀)
ベストパートナー ('97放送 / 出演 内村光良、坂井真紀) (JUGEMレビュー »)

発売未定なのだが、要望が多ければ発売されるかも?
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ダヴィンチ・コード』
昨日『ダヴィンチ・コード』を見に行った。
原作は読んでいないので、普通に謎解き&宝探し物としておもしろかった。
そのこじつけっぷりは高橋克彦の『竜の柩』に匹敵するかも?(^_^;)

その謎の内容については神も仏も信じてない自分には、別に意外でもないけど、信じてる人にとっては大問題なのかなあ。てな、ありがちな感想。
本当のルーブル美術館で撮影したらしいけど、なんか大作感が感じられないのはなんでだろう?
ソフィーがあんまり魅力的でなかったからかな。トム・ハンクスも年をとったし。ジャン・レノもしどころのない役だったし。
アルビノの殺し屋は不気味だったなあ。原作だと彼の背景なんかも書きこまれているのかな。アルビノ故の悲しい過去がありそうなんだが。

館長さん、あんなあちこちに暗号を残す暇があったのなら、さっさと救急車と警察呼べばいいのにってのはものすごくありがちな感想?(笑)
| 外国映画 | 18:17 | comments(0) | - |
映画『フライトプラン』
久しぶりに夫と二人で映画。土曜日は『フライトプラン』。
飛行機の中で娘が行方不明になるというジョディ・フォスター主演のサスペンス映画。

予告を見た時点で「結局娘は最初からいなかったというオチだとがっかりだなあ」と思いながら見に行ったのだが・・・。

以下ネタバレ
続きを読む >>
| 外国映画 | 23:59 | comments(0) | - |
『親切なクムジャさん』
昨日は夫と『親切なクムジャさん』を見に行く。

重くて残酷な場面もあるけど、おもしろかった。『オールド・ボーイ』を見たときも思ったけど、なんだか残酷な場面もコミカルな感じがする。
たけしの映画みたいにちょっと説明不足な感じがするのだが、帰って公式HPを見たら「そうだったのか!」とすべて納得できてしまった(汗)。
『美しい夜、残酷な朝』の『cut』はちょっと(私には)ダメだったが、この監督結構好きかも。

最後のイ・ヨンエの笑いながら泣く顔は般若のお面みたいと思ったら、スマステで稲垣○郎が同じことを言っていた。

イ・ヨンエは美人だよな〜。この間TVで彼女の特集をやっていた。オフにお母さんとテンプル・ステイというのに参加してお坊さんに悩み相談(?)みたいなことをしていた。それで今までに人に言われて一番イヤだったことは「イ・ヨンエは整形している」だったらしい(笑)。

しかし、土曜の夕方だったのだが、観客が4人!最初はうちら夫婦の貸切かと思ったよ。この間母と『ちゃんこ』を見に行ったが13人はいたぞ(ってこれは一日一回上映だったのだが)。確かにデートムービーにはならないけどね・・・。
| 外国映画 | 02:47 | comments(2) | - |
ビデオレンタルしたもの
コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション
コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション
『コラテラル』はおもしろかった。殺し屋にやとわれちまったタクシー運転手の一晩のお話。トムちんが殺し屋をクールに気持ちよさそうに演じてました。殺し屋が「仕事」をしている間逃げないようにタクシーに拘束された時、大声で助けを呼んだらやってきたのは強盗だったってのはおもしろかった。そして、当然のごとく殺し屋にあっさりやられちまう。
冒頭主人公のタクシー運転手の性格を現すエピソードが後半につながっていて、いきなり普通のタクシードライバーがスーパーヒーローになっちゃうのは笑ってしまうけど。
凄腕の殺し屋がこの主人公に執着したのが間違いのもとだなんてね。


ペイチェック 消された記憶
ペイチェック 消された記憶
『ペイ・チェック』のあらすじはどっかで聞いたことあると思ったら、キャラメル・ボックスの『キャンドルは燃えているか』と同じ原作らしい。3年間の記憶と引き換えに得たものは20個のガラクタ。このガラクタを次々につかって主人公が危機を切り抜けていくのが面白い。ハリウッドらしく派手なカーチェイスも楽しい。オートバイを使っているのがマックィーンの映画を思い出させてなんかうれしかった。
キャラメルボックス版では、ラストは記憶をなくした恋人たちがこれからまた「恋」をはじめようとするところで終わる。最後のアイテムがそこに使われていたと記憶するのだが、こっちは何の屈託もなくすぐラブラブになるのがアメリカらしいというか、最後の最後にちゃんと「報酬」も得るしね。

『ヴァン・ヘルシング』は、なんだか見せ場を荒っぽくつないだだけの映画で今ひとつ。ヘルシングと吸血鬼の因縁をもっとつっこんでやってほしかったなあ。なんでウルフマンだけが吸血鬼をやっけることができるのかというのも説明不足だし。
| 外国映画 | 01:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
『エイリアンvs.プレデター』
エイリアンvs.プレデター』を見ました。
以下ネタバレです。
続きを読む >>
| 外国映画 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |
MOBILE
qrcode