CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ベストパートナー ('97放送 / 出演 内村光良、坂井真紀)
ベストパートナー ('97放送 / 出演 内村光良、坂井真紀) (JUGEMレビュー »)

発売未定なのだが、要望が多ければ発売されるかも?
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『白夜行』第6話
とうとう、松浦が殺されてしまいました。
そのせいかどうか、松浦の過去まで語られて、今回は松浦が主役みたいでした。
結局誰からも必要とされないどころか、いなくなってしまえと憎悪されるしかなかった松浦。もしかしたら父親のような気持ちを持っていたのかもしれない亮司に刺されてしまった。「誰にもいわなかったじゃん」というセリフが哀しい。それが松浦のせいいっぱいの愛情表現だったのか。
渡部さん、とってもよかったなあ。ヘラヘラしていたかと思うと、すごんでみせたり悪い男の魅力全開。嫌な奴なんだけどかっこいい。

でも、松浦が来てから「うちの中がおかしくなった」というのは、まるですべての原因が松浦であるといわんばかり。キーパーソン松浦と、特別出演の渡部さんに気を使ったのかもしれないけど、そこまで松浦に責を負わせるのはどうなんでしょう。お父さんがロリコンになったのも松浦がお母さんと浮気したからなのかよ(笑)。

最初の父親殺しと、しつこいくらいにイメージを反復させたのは、また人を(ある意味父親だった松浦を)殺すことによって二人がより強く結びついたということを強調するためなんですね。
これからは雪穂も悪事に手を染めていくという覚悟ができたようです。
それで来週は金持ちのお坊ちゃまを篭絡して結婚するのか。うまいこと原作にあてはめるものだなあ。

あ〜、でも松浦が死んじゃったから楽しみが半減してしまったことは確かだなr(^^;)ポリポリ
| 白夜行 | 02:30 | comments(1) | trackbacks(2) |
『白夜行』第5話
プロデューサー日記によると、渡部さん金曜日にオールアップされたんですね。やっぱり来週で出番なくなっちゃうのか・・・。

でも、渡部さんが出なくても見ようと思う。『白夜行』おもしろくなってきたもの。
江梨子を襲わせる直接の動機が篠塚とつきあっていることへの嫉妬ではなく、幸せに生きてきた江梨子への嫉妬だというのにはとても共感してしまった。原作だと雪穂の心理など描かれていないから、単純に篠塚とつきあわせないためかと思ったのに、別の男と結婚してしまって意外だったのだが、こういうことなら腑に落ちる。

亮司が当てにならならないとなると、すぐに松浦を誘惑する雪穂。このあたりは緊迫感があってよかったなあ。松浦もなにか魂胆があると知りつつ、誘いに乗ってホテルへ行ってしまう。いざとなったときに雪穂が泣いて、結局やれなかったのか小悪党(笑)。
最初の藤村都子の時は切り絵で悪巧みするところはぼかしていたけど、今回ははっきりと雪穂が亮司に悪事を依頼するところを描いていて見ごたえがあった。
しかし、亮司は雪穂のために生きると「死んだ」はずなのに、正論を吐いて拒否するなんて覚悟がたりないよ。やるならとことんやれよ。
結局雪穂の手練手管にはまってやっちゃうんだけど、ただ雪穂に利用されてるだけかもと気がついて、問い詰めてるし。

「騙されるほうがバカなのよ」って言い放つ雪穂はかっこよかったが、そのあと泣いているのがなあ。
亮司の「それが君のやさしさだったんだね」って言葉の意味もよくわからない。
普段隠している陰の部分をさらけ出せるのも亮司だけという甘えか。
やっぱり同情の余地を残しておかないと救いがなさ過ぎるから?

そして、来週はいよいよ・・・。
| 白夜行 | 03:45 | comments(1) | trackbacks(0) |
『白夜行』第4話
先週は会社で飲みがあったので、リアルタイムで見られず。感想書かなきゃと思いつつ、もう次が始まってしまった。「少年老い易く学成りがたし」って意味違うか・・・。

「フニャフニャ男をやらせたら日本一」と「TV bros」に書かれていたが、今週も本領発揮ですね。
ヤクザがのりこんできたらいち早くトイレに避難して、かわいい(笑)。
なんちゃってレイバンのサングラスの映し方はいかにもなにかあるといわんばかり。頭にかけるのは所さんに習ったのかしらん。

本筋に二人ですが、雪穂が恋をしていることに気がついた亮司が憎悪するところがよかった。雪穂が亮司に体を与えた(という言い方もなんだが)のは、後ろめたさと、自分は普通の幸せを求めてはいけない人間だということを再確認するためなのか。
結局亮司は父のことを思い出してダメだったの?TVじゃそのあたりのことはハッキリ描けないのかなあ。

と、ゲスな感想でした。

公式HP今週のインタビューは渡部さんですね。
写真がなんであれだけなんだ(^_^;)。
たしかに原作では単なるおっさんというイメージでしかなかった松浦があんなになるとは・・・。
脚本ではどのように書かれているのかちょっと読んでみたい。
シナリオ本とか出ないかな。
| 白夜行 | 23:46 | comments(2) | - |
『白夜行』第2話
『白夜行』第二話の感想を書こうと思ったのだけど、あまりに渡部さんの出番が少なかったのでやる気がでない・・・。
と、いうより主人公二人をあまりにかわいそうに描きすぎてしらけてしまった。
雪穂が学校で受けるいじめも原作よりエスカレートさせているし、亮司は亮司でウジウジ悩んでいるし。

雪穂の母を犯人ということにして殺すという設定の変更は、いじめる口実をあたえるためだったのか。

そのくせ、都子を襲う計画を立てる場面は直接描かない。その場面をやってしまうとどうしても悪巧み顔を見せることになるからなあ。


余談だが夫が第一話を見て、すごく面白いと気に入って原作まで読んでいた。そしたら原作と全然違うと驚いていて苦笑してしまった。一話がよかったのは子役のおかげかと二話を見てぽつり。

まあ、綾瀬はるかさんは思ったよりは悪くなかったけど・・・。
もう原作とは別の雪穂と思うことにする(汗)。

T○Sは『砂の器』みたいにするつもりなんでしょうね。
ここで真山さんにひとこと。
「人殺しは人殺しだ」

東野圭吾氏「白夜行」がミリオンセラー
視聴率に反映されているんでしょうか?(汗)
| 白夜行 | 00:16 | comments(0) | - |
『白夜行』会見その2
infoseekの新番組ページのことをすっかり忘れておりました。

▼東野圭吾の問題作をドラマ化
渡部さんの写真も大きいぞー。
| 白夜行 | 01:02 | comments(0) | - |
『白夜行』第1話
9時からリアルタイムで『けものみち』を見て、来週も見ようと思う。
その後あまり期待せずに録画しておいた『白夜行』を見る。
むむむ、おもしろいじゃないの!
子役二人がいいなあ。福田麻由子ちゃんはやっぱり幸薄い役がよく似合う(^_^;)。
おばちゃんもついつい、もらい泣きしてしまったよ。

公式HPで堂々とネタバレしていたので先に原作を読んだ。
主人公二人の心理は一切描かれず、まわりの人物の視点で物語が展開していく。二人が起こしたと思われる事件も結果だけが示され、どのようにそれをやってのけたのかは書かれていない。それによって二人の心の闇の深さが際立つというのが原作のキモだと思うのだが、このドラマはまったくの正反対。二人がなぜあのような人生を歩むに至ったのかを、なれそめから心情とともに丁寧に描いている。
それって、まるでよくある「2次小説」みたいなもんじゃないの?二人のベッドシーンまでやるなんてと思ってしまっていた。単なるノワール物か通俗サスペンスになるだけのような気がして期待しなかったのだが・・・。

でも原作を読むと雪穂は母を事故死とも自殺とも断定できないように殺して(?)いるのだが、ドラマでは母親を殺すつもりで殺したのではなく、自分も死ぬつもりだったという風に変えて「毒」を薄めている。
それに亮司も利用しているだけとも解釈できるのだが、こちらははっきりと、罪を犯さなければ生きていけなかった哀しい二人のラブストーリーにすると宣言してる。これって、どうもきれいごとになりそうな・・・。

今回は子役がよかったから評価も上がったような気がする。毅然と前を見据えて歩いていく姿がけなげな福田麻由子ちゃんから綾瀬はるかのタレ目に代わって・・・。あの空気のもれたような声では謎めいた美女雪穂って感じではないよなあ。

音楽プロデューサーが志田さんなので予想以上に『ケイゾク』の雰囲気。広角レンズ使ってたり、デジャヴな画面。撮影がマダラメさんか・・・(笑)。

さて、渡部さんは出番は少なかったですが、一番事態を把握しているキーパーソン?
懸案のカツラもそんなにおかしくなかったし(^_^;)。
予告を見ると、来週はもう坊主頭でいきなりファッショナブル。レイジみたいじゃん。
| 白夜行 | 02:02 | comments(4) | - |
『白夜行』新聞記事
またスクラップをしようと思ったのだが、主役の二人のことしか取り上げてくれてないので、やる気がでない・・・。
ワイドショーも空振りだし。制作発表のことは「きょう発プラス」と「イブニングファイブ」は昨日やったから今日はなしなのか。「朝ズバ」でほんのちょっとやっただけだった。せめて全員そろったところくらい映してくれよ〜。

かろうじて東京中日スポーツ
また、タレント村上里佳子(39)と離婚した渡部は、昨年12月20日の離婚会見後、初の公の場に顔を見せたが私生活には言及しなかった。

とふれているくらい。

デイリースポーツ
綾瀬はるか 脱・清純派宣言

スポーツ報知
山田孝之、綾瀬はるか セカチュー・コンビだ

サンスポ
セカチューコンビ純愛“卒業”−「白夜行」では大人愛を

スポニチ
山田&綾瀬 イメージ破壊の濃厚愛

毎日新聞
山田&綾瀬:イメージ破壊の濃厚愛

明日は一日電波ジャックだそうだが、渡部さんファンとしては盛り上がらないなあ。『いら夏』の時なんかは有休とって一日録画しながら見てたのに(←バカ)。
万々が一のビデオメッセージでもあることを期待して、一応録画しておくか。
| 白夜行 | 23:33 | comments(0) | - |
『白夜行』制作発表
10日の11時から『白夜行』の制作発表が行われたんですね。
渡部さんも出席されてたんだ〜。
また明日のワイドショーをチェックしなくちゃ。今度はTBSだけでいいから気が楽だ(^_^;)。

渡部さんはあんまり出てこないのか・・・。

それから公式HPに「QRANK」のことが告知されていますね。
1月25日発売予定になっているけど、P2P NetworkのHPを見ると2月25日発売のような気がするのですが。
| 白夜行 | 23:59 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |
MOBILE
qrcode